【完全版】大切な人を傷つけないためのお見舞いの言葉のマナー

3bbc2b273b26c073c75748cdcd043a1c_s

お見舞いする際には、「入院しているあの人は、どんな気持ちなんだろう?」と普段以上に想像力を働かせながら、「言葉の気遣い」をおこなう必要があります。

病気をすると体力的にだけでなく精神的にも弱り不安定になっている可能性があります。さらにパッとみて分かりにくいため、相手を傷つけないためにも、いつも以上に注意をおこなう必要があります。

お見舞いは有難いことですが、そのときにかける「言葉」によって相手との関係性が変わることがあります。

病気をした相手に対する想像力を働かせて、「言葉の気遣い」をおこなうことで、あの人との関係をより大切にしましょう。

今回は、お見舞いのときの言葉について、以下の2つの観点から一緒に考えたいと思います。

1.相手を傷つけないためのお見舞いの言葉の大原則

2.入院経験者が語る、嫌だった言葉の特徴

 

1.相手を傷つけないためのお見舞いの言葉の大原則

 

(1)お見舞いで声をかける際に大切にしたい『言葉の5原則』

①「心配している」など、あなたの素直に気持ちを伝えましょう

②病気以外のことも聞きましょう

③朗らかで親切な態度で接しましょう

④自分の価値観を押し付けないようにしましょう

⑤相手の気持ちを汲み取り、一緒に考える姿勢を示しましょう

 

①「心配している」など、あなたの素直に気持ちを伝えましょう

よくありがちなのが、どのように声をかければいいか分からずに、声をかけないで放置してしまうということです。しかし自分が入院する立場になったら分かると思いますが、決して放置はせずに声はかけて欲しいのです。

「入院したと聞いて心配しているよ」など、あなたの気持ちを素直に伝えるのが良いでしょう。

②病気以外のことも聞きましょう

入院すると、どうしても「病気」のことを聞きたくなりがちですが、本人にとって病気のことは(入院)生活のごく一部です。病気以外にも、毎日の楽しみのこと、趣味のこと、入院生活で仕入れたネタ、困っていることなど、話したいことはたくさんあります。

ぜひ病気以外のことも聞いてみてください。

ただし病気以外の話題でも、人によっては

「(自分が明らかにいけない)海外旅行の話を聞くのは辛かった」

「くだらない下世話な話を聞くのは嫌だった」

などの声もあります。入院している相手の気持ちを想像して、本人がしゃべりたそうなことを聞いたり、本人が興味ある話題を心がけるようにしましょう。

 

③朗らかで親切な態度で接しましょう

入院していると、日々の生活でさまざまなことに不便さを感じたり、この先の生活や人生に不安を抱くものです。そんな時に、外からお見舞いに来てくれた相手が、「朗らかで親切」であることは、ちょっとしたお願いごとをしやすくなりますし、不安な気持ちも打ち明けやすくなります。

ただし、フランクに自分の悩みごとの相談をするのは、関係性をよく考えて判断してください。入院者は、自分の病気のことが頭にある中で、さらに他人のことを考えたり悩んだりすることが負担になります。相手に負担にならないかを確認した上で、コミュニケーションをとるようにしましょう。

3bbc2b273b26c073c75748cdcd043a1c_s

④自分の価値観を押し付けないようにしましょう

自分の価値観を押し付けて、「相手はこうだから」と勝手に決めつけないようにしましょう。

自分の価値観を押し付ける例として、“病気になってくるとやってくるもの”としてよく言われるのが、「近所のおばさん」、「宗教」、「遠くの親戚」です。

「近所のおばさん」や「遠くの親戚」から、「この健康食品が良いらしいよ」、「テレビや本でこんな治療が紹介されていたよ」などの信憑性が薄い情報がやってくることは、本人にとってはありがた迷惑のことが多いようです。

相手のことを思うならば、自分の価値観を押しつけることはやめましょう。

 

⑤相手の気持ちを汲み取り、一緒に考える姿勢を示しましょう

前述しましたが、入院していると、生活していてさまざまなことに不便さを感じたり、この先の人生に不安があります。この先、ずっと付き合っていくタイプの病気や障害もあり、本人の悩みや不安はそう簡単に無くなるものではありませんし、時間をかけてその人なりに受け入れていくものです。

そんな時に、「自分の気持ちを汲み取ってくれて、一緒に考える姿勢」を示してくれる存在が、どれだけ本人にとってありがたいことでしょうか。不安や辛さへの向き合い方に答えはありません。④自分の価値観を押し付けないと同様に、大切な人が病気をしたり入院したときは、常にそのような姿勢でいたいものです。

▼お見舞いギフトブック▼

お見舞いギフトブック

 

2.入院経験者が語る、嫌だった言葉

(1)嫌だった言葉の特徴

続いては、入院経験者が語る、お見舞いの時に言われて嫌だった言葉をもとに、学んでみたいと思います。嫌だった言葉の例として、

「あなたの病気には、この食べ物がいいらしいよ」

「もっとしっかり検診受けておけば良かったね」

「絶対大丈夫だから!」

などがあがります。

 

これらの声がけが、具体的にどのようにマズかったのか、考えてみましょう。
良くないのは、以下の3点です。

自分の価値観や経験を押し付けられること

「こうすればよかったのに」、「こうなるよ」と過去や未来の話をされること

「大丈夫だよ」と無責任に言われること

 

それぞれみてみましょう。

①自分の価値観や経験を押し付けられること

『お見舞いの言葉の大原則』の裏返しですが、自分の価値観を押し付けられることが嫌だったという人が多いです。

「あなたの病気には、この食べ物がいいらしいよ」

は、この最たる例と言えるでしょう。

また例えば、胃がんで入院している人に、

「私のおばあさんも同じように胃がんで入院していたの。切除しちゃえば治るよ」

などという声がけも同様に、自分の経験の押し付けになります。

お見舞いにいった相手と同じ病気をした人を知っていたら、思わずその人の話をしたくなることもあるかもしれません。

しかし、同じ病気でも重症度や治療、経過は多種多様です。必ずしも同じ経過をたどるとは限らないです。相手をなぐさめようとしたり、相手に有益な情報を与えようと、自分の知っている話をしてしまう前に、よく相手の話を聞いて、状況を考えてからにしましょう。

 

②過去や未来の話をされること

現在入院している相手に、

「あの時、検診を受けておけばよかったのに」

と声をかけてしまうケースが見られます。

それは他人に言われるまでもなく、ご本人が一番分かっていることで、後悔しているかもしれないことです。そして、そのように過去のことをあらためて他人から言われても今更どうしようもないのです。

逆に未来のことで、

「これからはちゃんと検診を受けようね」

と言ってしまうのも同様です。

本人が望まないかぎりは、「こうすればよかったのに」、「こうなるよ」という過去や未来の話はやめましょう。

 

③「大丈夫だよ」と無責任に言われること

病気をした人の周囲にいる人がよく発してしまう言葉として、

「あなたなら大丈夫だよ」

があります。これは、どうしても他人事、無責任なものに聞こえてしまいます。自分が大丈夫かどうかは、入院している本人が一番悩み、考えていて、心配していることです。

同じようなニュアンスで相手に声をかけるならば、

「大丈夫だと信じているから」

というように、あなたの気持ちを素直に伝えるようにすると良いでしょう。

「大丈夫だよ」と「大丈夫だと信じている」という表現は、伝える側にとっては似たようでも、受ける側にとっては大きく異なる意味にとられることがあります。

前者のようないい加減に聞こえてしまう断定的な言い回しではなく、後者のように自分の心配な気持ちを素直に表現するのが良いでしょう。

b8ea6cb677dc8fd5424ac83474cc9228_s

(2)入院経験者が語る、嫌だった言葉の例

先輩入院経験者から、“入院中にかけられて嫌だった言葉”を聞きました。相手との関係性にもよりますが、参考にしてみてください。

先輩たちにアンケートをとり、以下のようなことを聞きました。医療関係者でも、不用意な一言を言ってしまうことがあるようです。同じことを繰り返さないように、参考にしていただけると嬉しいです。

可哀想
→「上から目線で、何も可哀想とは思っていないように感じました」


よく頑張ってるね
→「別に頑張っているわけじゃないです」

きっと治る
→「傷つくというより、返答に困りました」

きっとよくなるからね
→「関係ない人に言われたくないです」

まだ若いのに病気になってかわいそう…”
→「年配の人ほどかけてくる言葉。これだけメジャーな病気だけれども、まだまだ他人ごとと思いました」

二度目の手術は、もっと痛いらしいですよ(担当の看護師さんより)
→「再手術になり落ち込んでいるときに担当の看護師さんにかけられた言葉です。こちらの気持ちも考えてくれと言いたかったです」

元気な赤ちゃんを産んできます(担当の看護師さんが産休に入る際の挨拶)
→「私が子宮体がんで子宮を全摘出をしたのを知っているはずなのに、言われたのでショックでした」

0fcb678c75ceb9bac71bb5819b8b3323_s

以上が、先輩入院経験者に聞いた、“入院中にかけられて嫌だった言葉”の例です。

あなたは、同じような失敗を繰り返さないようにしてください。

病気のときこそ、相手の痛みを想像し、大切な人を傷つけないためのお見舞いの言葉のマナーを身につけましょう。

GIFTRee(ギフトリー)では、入院経験者の声をあつめて作った、相手に選んでもらうお見舞い品として『お見舞いギフトブック』を作っています。
▼お見舞いギフトブック▼

お見舞いギフトブック

SNSでもご購読できます。