お見舞いの時のコミュニケーション 『態度』や『メールの文章』・・・『言葉』に加えて大切な気遣いポイント

お見舞いのときのコミュニケーションは、大きく分けて、

「お見舞いにいって直接言葉をかける場合」

「メールやSNSなど文字で言葉を伝える場合」

があります。

お見舞いのときの言葉以外にも、『態度』や『メールの文章』といった大切な気遣いのポイント、気をつける点があります。

 

1.お見舞いのときの「態度」と「表情」

お見舞いのときに、「言葉」以外に注意することとして、「態度」と「表情」があります。このとき、「態度」や「表情」は、不必要に悲しい顔をする必要はありません。そうすることにより、相手側に逆に気を遣わせてしまいます。

反対に、元気づけようと思って妙に高いテンション、明るい表情にすることも相手を疲れさせてしまうことになりますし、残念ながら周囲に迷惑となることがあります。

『お見舞いの言葉の5原則』の「朗らかで親切」を大事にして、あなたが相手のことを心配している気持ち、見舞う気持ちを「態度」や「表情」にのせて素直に伝えると良いでしょう。

※相手を傷つけないための『お見舞いの言葉の大原則』
http://omimai.giftree.jp/archives/37

2.お見舞いメールの文章(メールやSNSなど文字で伝える場合)

直接お見舞いにいけないときは、メールやSNS、手紙などでお見舞いのメッセージを送ることもあるでしょう。

メールやSNSでお見舞いの文章を送る時のポイントとして、文末・メッセージの最後に

「返信不要だよ/です」

と一言添えるという工夫ができます。

このような工夫をおこなうだけで、相手は「返信しなくては」というプレッシャーから開放されます。体調や気分が優れないときに、返信の手間を減らしてあげることは、相手目線のコミュニケーションを考える上でとても大切です。

また、入院中の相手にメールを送る時間は、早朝・深夜は控えるようにしましょう。入院中・治療中は眠りに入りづらいことも多く、せっかく入眠したところを起こしてしまうことになる可能性や、メールの着信音がなり周囲の迷惑になる可能性があるからです。

 

一方、お見舞い経験者の中には、

“入院している友達が眠れないということで、夜中にLINEでのやり取りをしばらく付き合っていた”

という方もいらっしゃいます。

これも、相手目線のコミュニケーションの良い例といえるでしょう。

このように、言葉に加えて大切な気遣いポイントを押さえることで、より良いお見舞いにつながると良いですね。

 

いかがでしたか?

自分や大切な人が入院することになったとき、また大切な人のお見舞いに行くときなど、いざというときの情報源として使っていただけるように、GIFTRee(ギフトリー)では、入院・お見舞い関する困りごとや素朴な疑問を『みんなの入院・みんなのお見舞い』に、まとめていきたいと思います。

また入院している方に、つながりと選択肢を贈る『お見舞いギフトブック』の販売もおこなっています。

▼お見舞いギフトブックはこちらから▼
https://giftbook.giftree.jp/

a5ed5638450a14ad4f5ab09b95bab3d8_s

SNSでもご購読できます。