先輩たちから学ぶ!入浴を快適にする工夫

BATH01

お風呂のことは、みんな悩んでいる

入浴は、日々の生活を快適におこなう上で欠かせないものです。
入浴をすることで、体がさっぱりするだけでなく、気持ちのリセットにもつながります。

入院生活では、術後や治療中の制限や病院の事情によって、入浴が制限されがちです。活動量が少ないからといっても、汗をかきますし、皮脂がたまります。このような制限がある中で、先輩経験者たちがどのような工夫をしていたのか、まとめてみました。

あるアンケート*によると、
入院時の悩みの上位に“入浴の悩み”が来ています。(女性:第1位、男性:第2位)

スクリーンショット 2017-07-23 16.08.15

*参照元:『何でも調査団(nifty)』
http://chosa.nifty.com/medical/chosa_report_A20160624/
アンケート実施日時:2016年6月10日~2016年6月16日
有効回答数:3,249名

GIFTRee(ギフトリー)が独自におこなった先輩入院経験者へのインタビューでも、入浴や保清について、以下のようなコメントがあがりました。

“術後に入浴が制限されるのが嫌でした”

“自由にお風呂やシャワーに入れないのが辛い”

“お風呂が狭くて、ゆっくり入れない”

“入浴制限中、頭が痒くなるので、無水シャンプーを試してみたかった”

“空気が乾燥しているので髪の毛や肌、目が乾燥する”

 

では、どうやって入院中の入浴を楽しむの?

入浴制限がある中でも入浴を楽しむコツを、先輩入院経験者やバスミルクメーカーさんに聞いてみました。

入浴制限がされたときは、洗面器をつかって足湯をしていました

足湯にバスミルクをいれると、ポカポカが倍増してよかったです

天然素材のバスミルク入りのお湯に浸したタオルで全身を拭くと、香りが全身を包んでほっこりしました

このように、足湯やタオルでの全身の清拭によって、身体も心もほっこり温まります。

足湯を手軽に楽しむ器具や、全国の名湯の入浴剤、よい香りのするバスミルクなど、工夫ができる商品がたくさんあります。お見舞いギフトブックでは、先輩入院経験者オススメの『フェルミス』というバスミルクを掲載しています。入院の機会にはいろいろと試してみて、ご自身にあったものに出会うきっかけになるかもしれません。

また、入浴後に使うバスタオルについても工夫ができるところです。バスタオルは持参という病院が多いので、皆さんお気に入りのタオルを持っていっていくことが多いようです。

バスタオルも、
・もこもこして肌触り重視のもの
・サラッとしていて、すぐに乾くもの
など、たくさん種類があります。

お見舞いするときにも、入浴のことを話題に出してみて、もし入院中の相手が困っていそうであれば、何かできるかもしれませんね。

▼入浴に関する便利グッズが掲載されているお見舞いギフトブックはこちらから▼
https://giftbook.giftree.jp/

BATH01

実は、みんな結構やっている?! 入院中の入浴後のスキンケア

病室は空調がつけっぱなしになっているので、空気が乾燥しがちです。
入浴と同時に、入浴後のスキンケアも欠かせません。

先輩経験者へのヒアリングによると、入浴後には、

お気に入りのボディミルクをしっかり塗る
フェイスパックを使う
濡れタオルをベッドの近くに干す
枕元にポータブル加湿器を置く

などの工夫をしているようでした。

入浴にあまり時間が使えないからこそ、ベッドの上で普段以上にじっくりケアすることができるかもしれません。

入院生活での入浴はいろいろと制限されがちですが、少しでも快適に過ごせるような工夫のヒントになれば幸いです。

GIFTRee(ギフトリー)では、
病気になっても安心して過ごせる社会をつくるために、みんなの入院・お見舞いに関する経験を集めています。

「私は入院中の入浴の時に、こんな工夫をしていた」
「こんな風に、バスタイムを楽しんでいた」
など、ぜひ教えていただけましたら嬉しいです。

▼あなたの経験談募集中!▼
https://giftbook.giftree.jp/share-your-experience/

SNSでもご購読できます。